練馬大根伝来種の採種

今日、白石代表のところで、熟した伝来種の練馬大根のサヤから、種を取り出す作業を行いました。

p130711-1
p130802-1
サヤごとつぶして、大根の種とサヤの破片の混ざったものにします。

p130802-2
p130802-3
唐箕(とうみ)という風を利用してゴミと粒をわける器械にかけます。
1回できれいにわかれないので、複数回かけます。

p130802-4

この練馬大根の伝来種は、田柄の農家の橋本登さんが、昔から毎年、練馬大根の種を採り続けてきたもので、それを保存するために、練馬区、JA東京あおば、東京都普及センターの支援を受けて、白石好孝さん、渡戸章さん、と五十嵐透の畑で、種を採種しているものです。